favorites of usjrny | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of usjrnyall replies to usjrnyfavorites of usjrny

河口湖

reply


よーやく出来上がった。総フレーム数1379枚。x.264の設定追い込みが出来てないのでいまだにブロックノイズが。。。

だれか良い方法あったら教えてくだされorz

posted by wyjrny | reply (0)

Re: どこまで真面目なメーカーなんだ — 製品情報 / GR DIGITAL III | Ricoh Japan

F1.9

reply

んーどうなんでしょーね。エンジンのVer.upとレンズのF値が気になるところです。


しかしGX・GRシリーズはほんと頑固なデザインだなぁw


各種メディアのレビュー期待!

posted by wyjrny | reply (0)

分業が生んだ悲劇

reply

序.はじめに

 このタイトルで始まるエントリは人が生きていく上で必要な「労働」と「余暇」の2つの視点から

それぞれに対する考察を書いていく。

 書くに至った動機は、余暇思想という分野の本に触れ、自分自身が仕事をせずに労働に対する価値観が

いまいち明確にならない部分の糸口が見えた。そしてその事を自分なりに整理し、記録する事が目的である。


1.労働とは

 現代社会における労働は2つのパターンがある。一つは自分の労働力を商品として対価(給料)を得るもの。もう一つはボランティア等の対価を得ない労働。(後者は余暇として楽しむものもいる。)ここでは前者の労働について論ずる。

 現在の労働にはさまざまな種類がある。農業や工業に関わるものやサービス業など。私はこれまでサービスを提供する仕事に従事してきた。しかしどの分野にも共通して言えるのが「大規模化」と「分業」であるだろう。


 通信技術やオートメーション化が進み、広範囲に対して商品を提供することが可能になった現代では、生産する側もとりわけ大規模なものがスタンダードとなりつつある。

当然、大規模なものを一人の人間が最初から最後まで一貫して仕事をすると効率が悪くなる。そこで、産業革命後に進められてきた効率化の方法が「分業」である。

仕事の中に区切りをつけ、その区切り単位で作業員を配置して流れ作業にしていく。というような手法だ。

確かに、このやり方であれば、個々に区切られた仕事では専門的になりスキルが向上し、その向上した人間が流れ作業を行えば、仕事効率は向上するだろう。


 ただし、これは機械が行う事ではなく、人間が行う場合には思わぬ弊害を生む。それはどの部分か。「心」の部分だ。

流れ作業を感情無くただただ行う人ならば何も感じずに仕事を継続できるが、分業では「仕事を通じて「何かが完成した」という達成感」を各担当者は感じにくくなってしまう。

そうすると「自分の力はこの職場では十分に生かされない」とか「もっと自分の人間性を生かした仕事はないだろうか」と現在の仕事に不満を持つ。私自身このクチで仕事を辞めた。


 では、この不満感をどのように解消するのか。その解消方法は「余暇」にある。

posted by wyjrny | reply (1)

Re: いて座も

天の川

reply

お、そうですねー。ちなみにオリジナルファイルでよーく見ていただくとM7星団が写ってました。


天の川は残念ながら。。。やっぱり光源がある場所でみるのは厳しいですね。

うちからも、アンタレスがぽつっと見えるだけのさそり座やら、木星だけが見えてる夜空が続く毎日なので

こーいうところはやっぱり大事にしてほしいです。(わがまま言えば、○○時以降は消灯!みたいな条例作ってくれw)

posted by wyjrny | reply (0)

Re: 気持ちいいですね~!

偶然って素晴らしいです

reply

いつもいつもありがとうございます。

昨日は突き抜けるような快晴だったので、夕方頃になるとひぐらしと波の音がBGMになって心地よく寝てたりしてましたw


jmkg6upt

ご名答!中央左上から左下に掛けて、さそり座の全景が写ってます。偶然にもすんごいベストな位置に

夏の代表格星座があがってきてよかったです(肉眼でもばっちり見えるレベルでした)

夏は気温と空気の層の関係で見えにくいかなーとおもってたんですが、前日と当日の通り雨で空気中の

塵が洗われたせいかとても綺麗に見えました!


いえいえ、どういたしまして~。

posted by wyjrny | reply (1)

無計画って疲れるー

reply
20090726155829

という訳で久しぶりに、富士山写真を撮りにいってきました。電車代の出費が痛いですが。。

まず、8時半に起きて充電が完了したのが11時。この段階で到着が1時間遅れることになるとはorz

あと20分早く準備が完了していれば13時半には現地についていたのですが、結局着いたのは14時半。

とりあえず、河口湖大橋を急いでわたり富士山が正面に見えるポイントへ。

まだアップロードしていませんが、微速度撮影を今回もチャレンジ!計4時間分くらいは撮りました。

それにしても富士山周辺の雲の動きはすごいすごい。まるで生きてるかのように消滅と生成が繰り返されて

ほんとーにいろんな意味で異質な場所だと改めて感じました。


最後の夜景写真については、頑張ったつもりですがまだまだノイジーだし何より時間が足りない焦りがちょっとした

ミスを沢山つくってますねorz


無計画な旅行。計画した旅行よりも疲れちゃいますが、何もしない休日よりはましです!

せっかくの晴れの日は絶対どこかに行こう!

posted by wyjrny | reply (0)

番外編

reply
20090726163354

色々形を変える雲を眺めていた内、ある形にみえたものから。これは、富士山にかぶって中央がなんとなくハートマークっぽい。(きわどいか?w)


20090726183623

これは、翼を広げる鳥のよう。羽が赤く染まってかっこいい!

posted by wyjrny | reply (0)

雲は晴れ、星は輝く

reply
20090726200525


もう、ここにたたずむのも飽きてきた頃、富士の山は夜が開くと同じくらいのタイミングで一気に綺麗な夜空と

自身の全景を見せた。ただこの一瞬を見るために、そのために今日は呼ばれたのだろうと。

そんな気がしてならない。どうもありがとう。

posted by wyjrny | reply (1)

富士山と自分

reply
20090726161555

片道2時間の道程を経て、目的地に向かって歩く。現地の天候は一部晴れ。一部雨。山らしい天候だ。

きっと最後には晴れてくれるだろうと信じ、雨宿りしながら耐えていた。


20090726165137


時間がたつごとに雲は姿を変える。しかし富士の山からはまとわりつくように離れず

僕は雲に嫉妬していた。

posted by wyjrny | reply (0)

無計画な旅行

reply
20090726124250


AM8:30 ふと明るい外に気づいて目を覚ますと、3週間はみてないであろう。青空がベランダから見えた。

居てもたっても居られず、充電を済ませ、電車に飛び乗る。

行く先は河口湖。夏富士にまた会いたくなって、暑い日ざしが僕を誘う。

posted by wyjrny | reply (0)

Re: 素敵!!!

どーぞどーぞ

reply

すごい迫力でしたよー!音も含めて!!

まだまだ撮影者の技術不足ですが、たまたま花火がいい所に入ってくれましたw


壁紙は前のよーに、オリジナルファイルを表示してもらえれば原寸大の画像が出てくるのでお好きにどーぞ!

posted by wyjrny | reply (0)

Re:

うっひょおおお

reply

いいなー花開いてる感がすごく出てて!

やっぱ花火の写真はこうあるべきなんかなー。というか煙がいい感じに花火に負けててサイコーの写り映えですねっ!

俺も頑張ろう。。。

posted by wyjrny | reply (0)

だめだとめらんない

reply

だめだめ。もーだめまちにまった晴れの日。河口湖も晴れ。こーなったらいくっきゃないでしょ!!

というわけで電池が充電完了しだいでかけちゃうよっ!

posted by wyjrny | reply (0)

Re: 久しぶりに見てみたら

期待!

reply

色んな人のエントリを読みたいので。

posted by x2tw2s | reply (0)

Re: すみません

まだまだです。

reply

花火写真コンテストの写真とかみると、こんないつ打ちあがるか分からない花火の順序できちんと構図が

作られてて、しかも一番綺麗なシーンでシャッターが切れてる。

そんな、猛者が世の中には存在しちゃってるんです。

ただ、被写体としては凄い難しいですねー。思わずもう一本フラっと広角レンズが欲しくなるくらい。。。w


いきあたりばったり(撮り方をその場で思いついた)で、撮った割りには3枚目はすごいお気に入りですねー。


>ああオラもなんだかカメラが欲しくなってきたぞ!

g2tw2sさんの写真がsa.yona.laにUPされる日をまってますよ。

posted by wyjrny | reply (0)

Re: 楽しみにしてます!

写真オンチ

reply

構図とか気に出来ない俺も写真オンチなのでは?と時々思います。


精神的なキツさを乗り越えて無事打ち上げたとき、そして大輪が開いた瞬間

彼ら(彼女ら)は何を思うのでしょうね?


あー花火カレンダーみるとほんとに毎週あるから困るww

posted by wyjrny | reply (0)

Re: 楽しませて頂きました!

手探り

reply

やっぱり勝負の連続でした。花火は。

もう同じものは打ち上げてくれないし、けっこうヒリつきますね~くせになりそうw


ヤジに負けなかったのは、「瞬間の表情」の素晴らしさが分かってきたからかな?と

ちょっと自分を褒めてあげたいですw


拙い表現で喜んでくれてどうもありがとうございます。

posted by wyjrny | reply (0)

Re: http://6i2sp6.sa.yona.la/150

ありがとー。

reply

花火師って凄いですよね。空に打ちあがるまで分からないまま、一年もの歳月(数年物も?)を掛けて、一回きりの勝負に出る。。すごいプレッシャーだと思います。


場所は件のベテランの方が今年から有料となった野球場の抽選を当ててくれていたので、ほんとーに特等席で見ることが出来ました。季節物の風物詩って気持ちが良いですね。

※今のノリだと毎週、花火画像をお届けすることになりかねないので怖いw

posted by wyjrny | reply (1)

sa.yona.laに夏をお届け

reply

なんて、大層なエントリ名をつけてしまいましたw


どうでしょうか?少しは夏っぽいですかね。

天候が前日夜で曇りのち雨でがっかりしてましたが、成人後の晴れ男ぶりは健在のようです。うだるような暑さの中

会場へと歩き、ベテランに「花火は撮るもんじゃねぇっ!」と罵倒されながらも健気に撮ってきました。

「瞬間の表情」と銘打ってるように、人間の目じゃ通り過ぎてしまう。そんな一瞬を撮りたいのです。

また、違う側面から花火をみるのも面白いのではないでしょうか?

ただ、総合的な面で行けば、火薬の匂いや胸に響く爆発音が無ければやっぱり「花火」を見たという感じはしませんねっ!


スライドショー


エントリ中に出さなかった花火画像はスライドショー形式でお楽しみください。


※なんかえらそーだなこのエントリの書き方w

posted by wyjrny | reply (2)

隅田川花火大会③

reply
20090725192609


熱狂に包まれた辺りも少しの間、冷静になり、いよいよ最後の時を迎える準備に入る。

花火がいっせいに撃ちあがる。白煙に包まれながらも夜空は明るく、無数の大輪が花開く。

そうして熱狂がクライマックスになっているころ、僕は違うタイミングで今まさにシャッターを切る。


花火は散り際こそが、華だと心から思う。

posted by wyjrny | reply (1)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.