favorites of usjrny | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of usjrnyall replies to usjrnyfavorites of usjrny

開発者は魔法使い

reply

じゃ、ないんですよ。いい加減にしてください。

posted by x2tw2s | reply (0)

元エロゲメーカー社員だけど何か質問ある? あしたがみえない

reply
プログラムもそうなんだけど、元を正すと企画のせい。
プログラムを知らない企画が、スペックを理解せずに無茶な仕様書を書いて
無理難題押し付けてプログラムが火吹いてしまう、ということもある。
そういう点では、任○堂はプログラムが出来ないと企画にはなれない

元エロゲメーカー社員だけど何か質問ある? あしたがみえない

posted by x2tw2s | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/73

reply

ああー女子は怖い。

posted by ki8mkt | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/72

reply

言うの早かった。


でも本音。

posted by ki8mkt | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/71

reply

きれいごと。


自己満足。


そうかもしれないけど、僕が信じなければ始まらない。

posted by ki8mkt | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/70

reply

どうしてそこまで自分のことを話したがらないんだろう?

posted by ki8mkt | reply (0)

Re: 企画 × 予算 × スケジュールのマネージメント

http://x2tw2s.sa.yona.la/407

reply

切ない。。。しかし生きていくためにはどんな無茶ぶりにでも笑顔で対応しないとね!

posted by x2tw2s | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/69

reply

自分の悪口を言われているような気がした。

posted by ki8mkt | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/68

reply

なんだろうね。動揺するじゃん。好きとかいうよりも、あなたのこともっと知りたい。

posted by ki8mkt | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/67

reply

僕の立場がわからない。いろいろと。

posted by ki8mkt | reply (0)

最近の心境の変化。

reply

毎日メールしたらうざいよなあ。さすがに。返事こなくても気にしないことにしよ。

posted by ki8mkt | reply (0)

http://zvg5z7.sa.yona.la/26

reply

q7ny3vさん

はてなの住民ぽいな。

posted by zvg5z7 | reply (0)

テレビ東京|池上彰の戦争を考えるSP

reply

バンザイクリフで犠牲者に黙祷される天皇の後姿で涙が出た。

もう、10年位涙なんて流していないのに。

不思議。

posted by zvg5z7 | reply (0)

へー

reply

[速報]mixiが障害の経緯を発表。原因はお盆のアクセス急増ではなく、memcachedの異常終了 − Publickey


って,実はなんとなくしかわかってないけど,別のブログには「コアが吐かれずに異常終了していたとのことで、それにも拘わらず原因を発見し対応できた mixiさんの技術力は素晴らしい」って書いてあった。そうなの?

posted by fj2sp6 | reply (0)

必読

reply

posted by fj2sp6 | reply (0)

リニューアルってどうなるんだろう?ドキドキ

reply

posted by fj2sp6 | reply (0)

ゆる〜くいきましょ

reply

最近ワーカホリック気味。

そんな状態だと心に余裕がなくなる。

もっと遊んで、固まったアタマほぐさないとなー。

posted by cmb4ac | reply (0)

今週の本棚:池澤夏樹・評 『メイスン&ディクスン 上・下』=トマス・ピン チョン著 - 毎日jp(毎日新聞)

reply
◇南北の境界線上に建つ物語の迷宮
 さらっと短い淡彩の小説がある一方、重厚長大な小説もある。これは後者の典型というか極致というか。

 上下二巻で千ページを超える本を前にすれば誰しもひるむ。ちょっと中を覗(のぞ)けば文体は錯綜(さくそう)して、話題はどうやら見知らぬ土地と時代のことばかりのようだ。しかし……

 地面に境界線を引く話。測量の話である。時代は十八世紀の半ば、場所は独立以前のアメリカ東部。

 この地域にはイギリス国王の勅許で開かれた植民地がいくつもあった。そのうちのペンシルヴァニア植民地とメリーランド植民地の間で境界線争いが起こり、いっそ真(ま)っ直(す)ぐな線でこれを確定しようということになって、イギリスから二人の測量士が呼ばれた。すなわちチャールズ・メイスンとジェレマイア・ディクスン。なぜわざわざイギリスからかと言えば、彼の地では「囲込(エンクロージャー)の御陰で、一介の測量屋(カタツムリ)が一人ならず御大尽となっております」という事態だったから。

 数百キロに渡る測量だからその基礎は天測。従って彼らは半ばは天文学者である。巨大な天頂儀を行く先々に運んで観測をする。実際、東西に伸びる境界線はほぼ北緯三九度四三分二〇秒の緯線に沿って確定された。この線は後に「メイスン・ディクスン線」と呼ばれた。

 これは歴史的事実である。ピンチョンは事実を土台にしてその上に何層もの階を重ね、無数の広間や小部屋や物置を構築して、通路と階段と配管と抜け道でつなぎ、とんでもなく複雑な建物を造った。この小説を読むことは、この建物の中を限りなく彷徨(ほうこう)することである。

 歴史小説だから名のある人物が何人も登場する。ジョージ・ワシントンもジェファーソンもフランクリンも出てくる。しかし作者は彼らをほんの点景としてしか扱わない。歴史に主導権を渡さず、ひたすら細部が増殖するに任せる。

 メイスンとディクスンはアメリカに来る前、イギリスから南アフリカに渡って金星の日面通過という天体現象を観測し、さらに聖ヘレナを経て、一度イギリスに戻っていた(ピンチョンはこの部分に全体の四分の一のページを割いている)。南アフリカで彼らはオランダ系の植民者が先住民を虐(しいた)げるさまを目撃する。

 アメリカに来て彼らは費府(フィラデルフィア)でパクストン団(ボーイズ)と名乗る白人の組織が米蕃(インディアン)を虐殺したとの報(しら)せに接する。この連中は更なる殺戮(さつりく)のために百四十人の米蕃が避難しているこの町に向かっている。

 二人は、「やれやれ。亜米利加(アメリカ)がこんな(丶丶丶)風だと知ってたら……」と嘆き、更に「白人の蛮行なら、喜望岬で散々見てきた。だが今になっても、あの頃(ころ)同様、さっぱり訳が判(わか)らない。自分たちは何かを理解し損ねているのだ。喜望岬でも費府でも、白人こそ、彼等の最悪の悪夢に現れる野蛮人に対し、受けた挑発に凡(およ)そ釣合わぬ暴力を揮(ふる)う悪鬼に成果てている」と考える。

 この問題はそのままアメリカの奴隷制に繋(つな)がっている。たかが東部の二つ三つの州の境界を決めたにすぎないメイスン・ディクスン線という名が歴史に残ったのは、これがやがてアメリカを南部と北部に分ける線とされ、南北戦争の象徴となり、その影響は今にまで残っているからだ。ピンチョンはもちろんそれを承知でいささか凡庸なメイスンとディクスンという人物をこの大作の主人公に選んだ。いわば彼らは多くの主題を囲い込む牧場の柵(さく)にすぎない。

 もう一つの主題として科学を挙げようか。十八世紀のヨーロッパは啓蒙(けいもう)主義の時代だった。天測の技術を持った測量士は科学の申し子である。それでもピンチョンの語る科学は生成の途中にあってしばしば不思議な道に迷い込む。

 一例を挙げれば、一七五二年九月二日、イギリスはそれまでのユリウス暦からグレゴリオ暦に切り替えた。十一日の空白が生じ、二日の翌日は九月十四日となった。後に人々は十一日間を盗まれたと言った。

 その時、メイスンは独り空白の時間に残ったと同僚に話す−−「いいかディクスン、物質世界に只(ただ)一人私は居たのだ、十一日を独り占めして」。ずっと満月が子午線にかかるその世界でメイスンはゴシック・ロマンスのような冒険をする。

 こういうエピソードがこの小説には何百も詰まっている。読者はそれを一つ一つ賞味しながら先へ進む。自分がどこにいるか不明になることも多いが、やがて見知ったところに出る。

continue ...

posted by fj2sp6 | reply (0)

http://x2tw2s.sa.yona.la/406

reply

頭の固い人と会話するのは本当に疲れる。

posted by x2tw2s | reply (0)

http://ki8mkt.sa.yona.la/65

reply

なんか嫌な気分。別に僕に対して秘密とかそういうことじゃないのに。なんだろ。限定って。

posted by ki8mkt | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.